MENU
分類別

【FF14】グラフィックアップデートからの『2箇所染色』の使い方

パッチ7.0からのグラフィックアップデートから、FF14ユーザー待望の『2箇所染色』が始まりましたね!

2箇所染色ってなに?

ミウ
ミウ

「良かった!」と言う装備もある一方で、思った箇所の染色でなくて、がっかりした装備もあると思います。

なかなか思い通りに行かないものですよね!

『2箇所染色』は1箇所よりは良いとは思いますが、操作が面倒な事もあって使い難いと感じていらっしゃる人もいるのでは無いでしょうか?

とは言え、これから長いおつきあいになる訳ですね?

と言うことで、「使いやすくするためには、どうすれば良いか?」を少し考えて見ましょう。

まだまだ、2箇所染色出来ない装備も沢山あります。それらも、これから順次対応していく予定だそうです。

ただし、「新生」から順番にというわけでは無いそうです。

お好みの装備が2箇所染色に対応されるのを気長に待ちましょう!

フェリシア
フェリシア

今の自分の装備を見れば分かることですが、暇な時間にゲームの外で見たい時はこちら!

もし自分が持っている装備が「対応しているかな?」と思った時は、FF14のデーターベースで確認ができます。

🔍のところから探してみて下さい。

装備が『2箇所染色対応』かどうかを見分ける方法

例えば、下図をみて下さい。色のところに『2つの◯』がありますね?

これは2色に対応していると言うことです。ここで自分の装備を見れば対応済みかどうかがすぐに分かります。

ご自分の装備も、この部分を確認してみましょう!

フェイスアクセサリー

フェイスアクセサリーは、 Patch7.0 で新設されたメガネなどの顔に装備するものです。

もし、今まで気づいてなかった人は、たぶん項目がグレーアウトしています。

この下を見ながら、使えるようにして下さいね!

フェイスアクセサリーはどこに?

初めての人は「メガネ持っていた気がするんだけど?あれ?」となります。しかも、装備の『フェイスアクセサリー』のところはグレーアウト!

所持していた『フェイスアクセサリー』は、3都市の「遺失物管理人」のところで新たに受け取って下さい。

受け取ると同時にグレーアウトしていたところが解除されて、使用出来る様になります。

※ 遺失物管理人の場所は、『ここから』見てみてください。

※ これまで全く持っていなかった人は、「メガネ」などをマーケットで購入して手に入れた際に解除されます。

なお、『フェイスアクセサリー』最初から10色で決まっていて、そこから選ぶ仕様になっています。その代わり、カララントの必要がありません。

『2箇所染色』の基本操作

従来の画面とは大きく変わりました。ちょっとややこしそうな画面になっています。

機能を一つずつ見てみましょう。

基本画面

基本画面はこの様になっています

メニューの説明

メニュー
メニュー
染色対象

「COLORANT」と書いてある下に『黄色いバー』があります。そのバーが左右どちらにあるかで分かります。バーのある方が染色対象です。

染色1
染色2

間違って反対側を染色してしまいがちですので、『黄色いバー』が左側、右側どちらにあるかをよく確認しながら作業しましょう。

メニュー
アンドゥー・リドゥーボタン

一つ前の行動へ戻る、或いは一つ後へ進める為のボタンです。

「あっ!間違えた〜」と言う時には戻せるので便利です。

なお、一度染色が完了して確定してしまうと元へは戻せませんのでご注意ください。

「戻る」ボタン
進むボタン
メニュー
お気に入りの色

いつもよく使うカラーを2色まで登録しておけます。

まず先に登録ですが「色のところ」です。

「選択メニュー」を出すと下図のように「サブメニュー」が現れます。そこで登録が出来ます。

染色1に設定
染色2に設定

更に設定した「お気に入り」を呼び出すのが、この『ボタン③』の役割です。

「お気に入り」適用ボタン
メニュー
お気に入りの色(個別染色)

ボタンというよりも色の確認用です。

メニュー
染色入れ替え

染色している色の「染色1」⇆「染色2」を入れ替えます。

染色設定を変えてやり直さなくても、ボタンひとつで入れ替え出来るので「どっちがいいか?」などの確認がしやすいと思います。

「染色1」⇆「染色2」入替えボタン
メニュー
前回染色した色

前回一度染色を行った色がここへ登録されます。使うためには一度でも登録している必要があります。

「何の為に?」と言うのは…

装備1式(例えば、頭〜足まで)を同じ色で統一して染色したい場合です。

一度「頭」を染色し、その後は「胴」を選んでこのボタン、次は「腕」を選んでこのボタンと次々に染色できます。同じ色で統一する場合にはとても便利です。

ですが、個々に装備を染色して行く場合は「それは困る」と言う事もあると思います。

ただ、『ミラージュプレート』などで染色する場合なら、最後に全色まとめての染色になります。取り敢えず全て同じ設定にしてから、後でここの装備の微調整をしていくのなら便利と言えます。

メニュー
前回染色した色(個別染色)

ボタンというよりも色の確認用です。

メニュー
別のアイテムを選択

クリックするとこのような画面が出ます。

「胴」に続けて「足」の染色をしたい時など、染色対象を選ぶことができます。

どこの部位かを選択出来ます
その部位の中から更に指定

ですが、マイキャラクターで染色している場合にはいらないでしょう。

あまり重要な機能ではないかもしれませんが、所持品などから装備を直接選んでいる時などには利用できると思います。

メニュー
頭装備の操作

従来からあるもので、直接的に染色とは関係ありません。

このボタンで対応した頭装備のフェイス部分の開閉操作などが出来ます。

※ ここだけ無視して飛ばすと「何だろう?」と気になる方もいると思いますので、一応書いておきます。

メニュー
全身表示

これまでも既にあった機能ですが、特に「2箇所染色」の場合は全身を見てみないとイメージが掴みにくいことが多いと思います。

ですから、ここは「オン」にしておいて全身を先に見た方が、イメージを掴みやすいと思います。

※ この後の「メニュー⑪の機能」を使うためには、ここがオンになっている必要があります。

「全身装備」表示ボタン
メニュー
全体に染色を行う

「メニュー⑩」の全身表示を選択していないと、この2つのボタンは使えません。そこにご注意ください。

全ての装備を「染色1」「染色2」(同時も可)に染めます。

ただし、見た目だけであって実際に染色まで行うわけではありません。イメージを掴みやすくするためです。

1箇所染色したら、このボタンで全体のイメージを掴むと、各部位の染色をこのまま進めて良いかどうかが分かりやすいかも知れません。

1番のボタンを押した時
2番のボタンを押した時

実際にボタンを押してみないと分かり難いかも知れませんね?

最後に染色を決定するとこの様に必要数が出ます。

2箇所染色の場合は、大抵はどれかのカララントが不足している事が多いと思います。

出来れば、メモ用紙を用意してから行った方が良いかも知れませんよ?

決定画面

操作のコツ

基本操作の通りに行えば、もちろん染色出来ます。

ですが、「簡単ですね!」とは少し言い難い感じがします。見るからに面倒そうに思えますよね?

そこで、「分かりやすく、簡単に二箇所染色を行うコツ」を少しだけご紹介します。

染色2で変わるところ

その前に言っておくことが一つあります。

もちろん全ての装備ではないのですが、『2箇所染色』の2箇所目は、主に装飾品などが多いことを覚えておいて下さい。

ですから、思ったところの色が変わるというよりも「飾りの部分の色が変わる」ことが多いです。(金(金属)細工、ベルト、ロープ等々)

この画面を見て貰うとよくわかると思いますが、この赤い部分が「染色2」で染色される装飾品です。

分かりやすい様に目立つ色をつけてみました。

染色する順番

既にご自分のスタイルを確立している方は、そのままご自分のスタイルで染色して下さいね!

決まった染色方法なんてものは、実際にはありません。

ですが、「2箇所になって、さらに染色が訳わからなくなったよ!」と思っている人の為に「どういう風にすれば手際良く染色できるか?」を少しだけご紹介しておきます。

この順番に染色していくと、2色の色を決めやすいと思います。

なお、試す場合は実際に染色してしまうとカララントが膨大に必要になります。それではお金が持たないですよね?

後半でやっているように、お試しだけなら『ミラージュドレッサー』のミラージュプレートを使うことをおすすめします。

最後に「キャンセル」すれば、カララントの使用数は0です。

ただし、色を何処かに控えておかないとすっかりと忘れてしまいます。ご注意くださいね!

染色の手順
手順
最初に胴を染色する

上から順番にと考えれば「頭」なのですが、帽子や髪飾りなどが多く、おそらく他の装備とは少し違った色にすることも多いと思います。

そこで、まず「胴」を2箇所染色して、大まかに好きな色の感じや雰囲気を掴みましょう!

1)以前の装備を開けてみると?

当然ですが「染色1」にだけ色がついています。(以前に染色してなければ色もついていません)

染色前の状態

2) 例として、染色1→『白』、染色2→『黒』という色をつけてみましょう!

着色なしの元の装備と見比べてみると、ちょうど逆の場所の色が変わりましたね?

(説明用なので)色合いは別として「雰囲気がこんなに変わるんだ!」というところに注目して下さい。

これが、2箇所染色の面白みかもしれません。

「もっとこうしたら良いかな?」と発想が浮んだのなら、なお良い染色が出来ると思います。

普段と逆の箇所を選択して染色
手順
次に足を染色する

「胴」の次は「足」を染色します。

もし既に染色が終わっていたら、「メニュー⑥」の機能を使うと便利と思います。

「足」は基本的に「胴」と同じ色か、それよりやや暗い色にすると上手く行くと思います。

もちろん「私にはこだわりがある!」という人はその色で構いませんよ!

「足」の染色
手順
最後に脚と手を染色する

「脚」は正直なところ、同色にして良い場合とかえっておかしくなる場合があると思います。

「脚」を「胴」と同色にすると一体感はありますが、全体が一塊に見えてしまう場合もあります。

「脚」の染色

この例では、黒の「脚」にすると全体が真っ黒になりますので、この場合は染色はしません。

一度染色してみて、そこから思うような色へと変更していきましょう。

その他にも、少しアクセントが欲しい場合は「手」の色を変えてみると良いです(メニュー⑤で色を逆にしてみるなど)。

ワンポイントで面白い感じになることがあります。

手の染色 その1
手の染色 その2

これはもちろんお好みですから試してみて気に入らなければ、元に戻して下さいね!

手順
頭、アクセサリーの染色をする

ここも重要ではあるのですが、全身の色が決まってからでないと色が決めにくい場所だと思います。

今では「メガネ」なども色が変化するので、全身の染色状態を見ながら色を変えていきましょう!

手順
武器

「武器」は色そのものよりも、光っていることや形など見た目のスタイルで選ぶことが多いと思います。

ですが、もし染色するつもりなら、全身の色が決まって最後に「武器」の色を決めて行きましょう!

なお、武器も「2箇所染色」対応武器が出て来ています。

これもぜひ挑戦してみて下さいね!

「ゾディアックウェポン」などは、2箇所染色が可能

ここで、この手順に従って作ってみた例を挙げておきます。

これは一例です。実際には、ご自分の好きな色で染色して下さいね!

『2箇所染色』の例

簡単に説明しておきます。

  1. 「胴」は、上の例の「黒」→「濃いピンク」に変更しています。
  2. 「脚」は、染色なし。
  3. 「足」は少し色が違って見えますね?
    • この様に同じ色なのに素材で違った色に見えることがあります。
  4. 「手」は少しアクセントでゴールドのリボンにしてみました。
「ピンク系」前
「ピンク系」後ろ

今度はさっきと雰囲気を変えて、少し遊んでみました。濃い方の色が先程と逆になっています。

意外な色に変えてみると、雰囲気も変わって、楽しめるかも知れませんね!

(まあ、これは説明用なので実際にこの色で街中を歩かない気はしますけど)

「ブルー&シルバー系」前
「ブルー&シルバー系」後ろ

他にも、少し見にくいのですが色が違うと(足元の)アクセサリーなどの色が映える場合もあります。

ぜひ、さまざまな色で試してみて下さいね!

おわりに

私も染色してみようっと!

ミウ
ミウ

『2箇所』染色は少し面倒ですが、色々な楽しみ方ができると思います。

是非いろいろ試してみて下さい。

それに、これからもいろんな装備が出てきます。

2色を上手に合わす事で、自分だけのオリジナルが生まれます。

個性が活かせるチャンス!かも知れませんよ?

フェリシア
フェリシア

ぜひ、個性を活かす染色に挑戦してみて下さい。

もっと新色のカララントが増えると良いですね!

ただし、それぞれの部位で2箇所ずつカララントが必要です。

必要数も倍になるところが、ちょっと懐が痛いことになるかも知れませんね?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次